離婚の決意後にやるべきこと|離婚問題は当事務所にご相談ください

浮気・DV・モラハラ・借金。皆様は今、様々な理由で離婚を決意されたかと思いますが、離婚を決意したらなるべくお早めにご相談いただくことをおすすめいたします。特に、あなたやお子様が暴力や虐待によって被害を被っている場合は、離婚に向けて早急な対策が必要です。

ここでは、離婚を決意した方へ向け、離婚の基礎知識と、離婚までにやっておくべきことを中心に説明したいと思います。

離婚できるかどうかを確認する

離婚を決意した場合にまず初めにやらなければならないのは、自分が離婚できるかどうかの確認です。

離婚についてお互いに同意があれば何も問題なく離婚することができますが、相手が離婚に応じてくれない場合は法的事由を満たさなければ離婚はできません。

離婚の事由として認められているのは以下の5点です。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないこと
  • 3年以上の生死不明
  • その他婚姻を継続しがたい重大な理由

また、上記の事由の中でも様々な条件が設けられています。例えば「裁判で不貞行為と認められるのはどこからか」など、一般の方には判断がしづらい微妙なラインがあるのも事実です。「これは離婚事由に当てはまりますか?」という相談は当事務所にも多く寄せられる相談のひとつですので、お悩みの方はお気軽に当事務所までご相談ください。

離婚の原因を明確にする

もし離婚ができる条件が整っていたら、次は離婚の原因を明確にしておくことをおすすめいたします。

離婚を切り出すには、相手に理由をしっかりと説明しなければなりません。また、弁護士にご相談いただく場合でも、何が原因となって離婚に至るのか明確にしておけば、充実した相談を行うことができます。

必要に応じて証拠の確保も行う

また、相手が不貞行為や暴力行為などを行なっている場合は、証拠を確保しておくことも大切です。離婚事由や慰謝料で争いになった場合、証拠があれば交渉や裁判を有利に運ぶことができます。どんな証拠が有効となるかは当事務所がしっかりとアドバイスいたしますので、離婚の証拠集めについてもお気軽にご相談ください。

離婚条件で譲れない部分をはっきりさせておく

離婚をするにあたって、自分が譲れない条件をはっきりさせておくことも大切です。

一般的には離婚をする際は下記の問題を解決しなければなりません。

お金の問題 例えば慰謝料・養育費・婚姻費用・財産の分け方などが挙げられます。慰謝料は一般的に相場が存在しますが、どれぐらいの苦痛を受けたかによって変動する可能性はあります。また、相手の資力によってもその金額は変動します。本人同士でなんとなく決めるのではなく、法的な観点で適正な金額となる条件にすることが大切です。
子供の問題 夫婦間にお子様がいる場合は子供に関する条件もとり決めなければなりません。親権・養育費・面会交流など、離婚によって子供に被る不利益ができるだけ少なくなるように配慮することが大切です。また、養育費は子供が何歳になるまで支払うのか、支払いが滞った場合の対策などもきちんと考える必要があります。
その他の問題 その他にも、依頼者の個別の状況によっては取り決めを行っておくべきこともあります。例えば、離婚後にストーカー化が不安視される場合は、今後一切の接触をしないことを約束するケースもありますし、社長として配偶者を雇用していた場合の対応など特殊なケースもあります。

離婚条件は今後の人生に大きく関わる

上記のように、離婚をする際は様々な事柄について取り決めを行う必要がありますが、これらの条件については決して安易に決めてはいけません。なぜなら、離婚の条件は今後の人生に大きく関わるからです。生活費の捻出、子供の教育費用など、一人で生計をたてるとなると、大変な苦労をする場合があります。少しでも負担を軽減するにはお金に関する取り決めをしっかり行なっておくことが大切です。また、子供の面会について一方的な条件を押し付けられると、子供と会う機会がほぼなくなり、場合によっては子供の成長にも影響を与えかねません。夫婦間で力関係がある場合には一方的な条件を押し付けられることも多々ありますが、弁護士が介入することで必要以上に不利な条件になるリスクは大きく減少します。さらに、弁護士にご依頼いただければ、離婚協議書を作成させていただきますから、離婚後のトラブルも防止することができます。少しでも有利な条件で離婚をするためにも、できる限り弁護士に相談するようにしてください。

離婚後の生活設計を考えておく

離婚を決意したら離婚後の生活設計についても考えておきましょう。

  • 収入はどう確保するか
  • 住まいはどうするか
  • 仕事はどうするか
  • 子育てはどうするか

上記のことについては、大まかで構いませんので離婚をする前に計画を立てておくことをおすすめします。

当事務所では、離婚問題の解決だけでなく、依頼者の離婚後の生活についても少なからずアドバイスを行なっております。例えば公的扶助に関するご質問などは当事務所でもお答えできます。離婚に関する不安があればなんでもお話していただいて構いませんので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

離婚問題は一人で悩まず当事務所にご相談ください

当事務所にご相談いただければ、離婚を見据えた今後の対応、また離婚までの見通しをアドバイスし、その後は離婚に向けて迅速に業務を遂行していきます。離婚には大きなエネルギーが必要となります。一人で悩むより、弁護士のサポートを受けながら進めたほうが、精神的な負担も大きく減らせます。

あなたの新しい人生を当事務所が全力でサポートいたしますので、離婚問題にお困りの方はお気軽に当事務所にご相談ください。

離婚問題にひとりで悩んでいませんか?まずはお電話ください.弁護士があなたの悩みを解決します。/不倫/慰謝料/親権/教育費/財産分与
0120-130-132
営業時間 平日 10:00〜19:00
※事前予約で夜間土日相談対応
無料相談申込みフォーム(24時間相談受付中)
トップページへ